銀行カードローンでも専業主婦利用は不可

銀行のカードローンキャッシングの中には、専業主婦でも借り入れが可能とする商品が多いです。しかし、オリックス銀行カードローンは年収の制限こそありませんが、本人に安定した収入を持つ方のみの利用としているため、専業主婦の方の借り入れはできません。

 

たとえ配偶者に安定した大きな収入があるとしても、本人に収入を持たない方はオリックス銀行カードローンは利用出来ませんので、もし専業主婦の方のカードローン利用を考えているのであれば、他の銀行を検討してみると良いでしょう。

 

例えば、専業主婦の方も極度額50万円までであれば利用が出来る専業主婦カードローンのイオン銀行など、来店不要で手続きが出来るので人気となっています。

 

キャッシング審査の重要ポイントとは

キャッシングを利用しようと思えば、必ず審査を通過しなければなりません。そこで、ここでは審査の際に重視される点と、またその理由について触れてみたいと思います。キャッシングの審査においてよく見られるのは、その人の収入額と、他社からの借入額であると言われることが多いようです。

 

 

収入額が少なすぎると、返済能力の判定が厳しくなってしまうだけでなく、そもそも融資可能な金額があまり高くならないことになります。特に消費者金融においては、融資可能金額は、「利用者の年収の約33パーセントまで」と決められているのです。

 

仮に収入が少ない方が、33パーセントの金額の融資を受けるとなると、数十万円が限度額となる可能性も場合も出てきます。

 

それに加え、もしも他社からの借り入れがある場合は、さらに融資できる金額は少なくなります。年収に対する融資の限度額は、1社からの借り入れにのみ適用されるものではありません。銀行以外の金融機関からのすべての借り入れに対し、働く規制なので、当然他社からの借入がある場合は、その金額と合算して融資額が弾き出されます。

 

仮に年収200万円の人が既に他社から、キャッシングを利用して50万円借りていた場合、新しく融資が受けられる金額は16万円程度ということになります。金融機関にとっても、規制限度額ラインすれすれまでの融資は好ましくありません。そのため、これが原因で審査に通過しずらくなる傾向も出てきます。

 

要するに、ある程度の収入額があり、他社からの借り入れも無い人は比較的スムーズに融資を受けることができるのです。

 

最短でキャッシング借入したいとき

急にお金が必要になったときは、少しでも早くお金を用意したいものです。特に今日中にどうしてもお金が要るときには、キャッシングの即日融資に申込むと素早く借入できます。ただ平日14時までに契約完了しておかないと当日借入に間に合わなくなるので、迅速に手続きすることがポイントになります。

 

パソコンやスマホでネット申込みをしてWeb審査を受けると、短時間で契約できます。最近のWeb審査はとてもスピーディーで、最短30分程度で結果が出ることもあります。なので即日融資ではWeb審査が不可欠です。

 

素早く契約するためには提出書類の準備も大事です。借入限度額50万円以下で申込む場合なら本人確認書だけで済みます。本人確認書とは運転免許証や保険証やパスポートなどです。

 

限度額50万円を超えるときや他社借入との合計が100万円を超えるときは収入証明の提出が必要となります。なので50万円以下の限度額で申込む方が、提出書類も少なく手続きが簡単で素早く行えます。

 

さらにネットでWeb審査を受けて、そのあと最寄の無人契約機で契約手続気を完了させると最短時間でお金の借入ができます。無人契約機でカードを受け取って、すぐに隣接のATMでお金を借入できるのです。このWeb審査と無人契約機のハイブリッド戦法が、最短で借入したいときの最良の方法だといえます。

 

所得証明も不要となるオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの場合には、希望額300万円までなら所得証明を不要としています。消費者金融よりも手軽な手続きができ、もちろんネット上で来店不要申し込みとなるので、内緒の借り入れにも向いているのです。

 

事業性の資金を除けばオリックス銀行カードローンの高い限度額で安心のカードローンキャッシングが利用出来るので、困ったときには頼ってみましょう。